ワールド百科事典  > カテゴリー  >  機械および産業機器百科事典   

スワルト1600 kvaドライトランスパラメータ多くの業界で実現される価値

リリース時間: 2022-11-27 08:01:38

ドライトランスの配線方式は何ですか?データはクロック表現方式を選択し、次側線動作電圧の位相差関連を示すために用いられ、次側線動作電圧相量を分針とし、固定不動指はクロック時の部位、電圧を瞬で運転することであり、現段階で中国では瞬で昇圧することを合理的に保証できる乾式変圧器メーカーが少なく、昇圧乾式変圧器を瞬で運転する昇圧能力が強く、昇圧の実際の効果は良い.その違いは無励磁調整器変圧電源スイッチが負荷変換ストッパの能力を持たないことに依存し、短時間で全過程を遮断し、負荷電流量を遮断すると遮断器間のアーク焼失分接電源の開閉または短絡故障を招くため、調整時に乾式変圧器を遮断しなければならない.従って、電圧の規定が厳しくなく、スワルト配電トランス回収、頻繁に調整されない乾式変圧器として般的に用いられる.オイルが排出された後、すなわち脱着式オイルキャップ上端自動車オイルタンクのすべてのアンカーボルトは、吊りジャッキを締め、吊り点はよく使われる耳飾りやボルトにあり、必要に応じて人的資源牽引ベルトをガイドとして使用しなければならない.モスター、でんりょくへんあつきメーカでんりょくへんあつきこうじょう方、巻線対ヨークの電場では、必然的に強い断線成分があり、より低い電流ではスライドフラッシュ充放電が発生する可能性がある.このような欠点をよりよく解決するために、巻線対ヨーク間の絶縁部材の様子は、絶縁部材と交差する電場成分を低減するために、巻線対ヨークと中程度の水平面位の様子とできるだけ同じであるべきである.


スワルト1600 kvaドライトランスパラメータ多くの業界で実現される価値



工場出荷時に生産加工が滑らかではなく、密封が不分で、油変式変電器の密封がしばらくすると油漏れのよくある故障をもたらす.油混合の異なるタイプの新油を運転したり、石油に用いられたりする前に、混合石油の冷濾点を正確に測定する以外に、高低温試験と汚泥試験を行うべきであり、汚泥の堆積を観察し、スワルト油浸式試験変圧器はどの家が良いです、堆積にアクセスできず、混合型版が運行すべき結果が得られず、元の石油が乏しいため管理決定を混合して運用することができる.トランスがコアを挟む穿心押出機のスクリューが緩み、コアにネジキャップ部品やトランスに小さな金属材料が落ちたものが残っている場合、トランスは“丁丁当”の衝突音や呼…呼…”の吹き声とその「ldquo」キーキー磁石が小さなワッシャーを吸い込むような音がしますが、変圧器の作動電圧電気流量、断電時まで解決することができる.おすすめ情報温度はすべて正常です.このような状況は般的に変圧器のすべての正常な動作に危害を及ぼさず、電力変圧器は発電所と変電所の重要な機械設備のつである.電力変圧器の効果は、電圧を上昇させて電磁エネルギーを電力使用量地域に送るだけでなく、電圧を各応用電圧に減らして電力使用量の必要性を達成することができる.要するに、変圧と血圧降下は必ず変圧器によって行われる.避雷針の取り付けは、雷撃により乾式変圧器のリレー保護内外の面を非常に破壊しやすい.比較的深刻な状況であれば、火災事故、停電、機械設備の傷害などを引き起こしやすい.屋外サンプリングは晴天や環境湿度の小さい乾燥した天気で行われ、サンプリング時には雨や雪、風砂などの汚物の侵入を断固として根絶しなければならない.


スワルト1600 kvaドライトランスパラメータ多くの業界で実現される価値



電力変圧器で充填した新しい油と、心配したばかりの油サンプルを採用する場合は、油サンプルを採用することができます.ホームページのオススメ、 KVA電力工学トランスコア.クランプと電磁コイルの真ん中に可塑性部品を選択し、電磁コイルを安定した締め付け状況にし、騒音を低減する.電力変圧器の保守内容油浸式変圧器の波長はどうですか?スワルト、電力変圧器の油サンプルを取る方法と過程変圧器が欠相を生じると、第相が詰まっても、第相を送っても音がなく、第相を送ったときに音がする.第相が詰まると、音は変化せず相の時と同じです.欠相が発生した原因はつあります.集流連排別荘の減振は集流連排別荘のソフトジョイント解決を解決する.設備の低圧母線出排電線溝架銅排に対して、電磁誘導騒音振動は別荘を連結して建築構造に伝達する可能性があり、ノイズ低減解決コアはそれを銅線連結に変更しなければならない.

添付ファイルリスト


0

エントリの内容は参照用です。特定の問題(特に法律、医学などの分野)を解決する必要がある場合は、関連する分野の専門家に相談することをお勧めします。

シノニム

同義語なし