ワールド百科事典  > カテゴリー  >  機械および産業機器百科事典   

ウィチタ水中ポンプは下水をポンプできる建設準備条件の要約

リリース時間: 2022-06-22 20:36:25

  使用時に液体供給が不足していることがあり、その理由とその対処方法は何かである.  装置はコンパクトなレイアウトでオイルクーラーと体化されている.ウォータポンプは、ディーゼルエンジン部品のモジュール化と統合設計要件を満たします.オイルクーラーとの接合面はシール効果が良いゴム封止法を採用している.潜水スラリーポンプは遠心力を利用した固液混合媒体の種であるウィチタ、ポンプコンセントは、その接続線は、ポンプコンセントの軸線に平行してつの持ち上げ目のネジまたはリフトプレートを上下に電気ポンプを持ち上げるために.  操作環境は異なります:潜水スラリーポンプと垂直スラリーポンプの間の重要な違いは潜水にあります.垂直スラリーポンプの作動中、部の部品はピットに侵入し、完全にはinvギマイカ  調整.潜水スラリーポンプを使用する場合は、付属品を使用し、装置全体の性能を向上させ機器の安定使用を確保するための補助措置を講じる.多くのユーザーは、これらのことに注意を払う必要はありません   潜水スラリーポンプの作動を確実にするためにインペラ保護を行うためには、インペラとフロントガードプレートとの間のクリアランスを適時に調整する必要がある.インペラのクリアランスを調整するときは、ウィチタ垂直遠心スラリーポンプ、まずポンプを停止し、ボルトを緩めてベアリングボックスを押し調整ナットを緩め、ベアリング部品を前進させ、シャフトを手動でロールバックする  潜水スラリーポンプは、運転中の機械的な問題が発生した場合の時間の検査のためにシャットダウンし、定期的なメンテナンスを行う.装置は燃え尽きた後に使われません.そして、それは我々に特定の経済的損失を引き起こします.


ウィチタ水中ポンプは下水をポンプできる建設準備条件の要約



   インストールの前の点検:厚い、そして、細いアクセサリーの仕様、吸水性、乾式などの多くの形態を持つ.現在、般に使用されている潜水下水ポンプはwq水中下水ポンプであり、共通の乾式下水ポンプはw型水平下水ポンプとwl型垂直下水ポンプである.都市下水と糞便を輸送するのに主に用いられる  セックスは違う.水中スラリーポンプは広く使用されているが、正しい用途は非常に重要である.スラリーポンプの名前の制限のため、業界外の部の人々はこれを誤解している.実際には、不純物ポンプ、浚渫ポンプ、脱水ポンプ等は、スラリーポンプの適用範囲内のすべてである需要、ウィチタパイプラインポンプ本体、非常に正確.  潜水式スラリポンプはモータと接続し水中で同時に作動する水中ポンプの種である.また、種々の運転条件に適している.潜水スラリーポンプの重要な技術的なポイントは、ウィチタ可給スラリーポンプ、モータとASEの突然の停電は、プラントと緊急時、水ポンプが自動的にパイプネットワークの圧力を補完するために開始されます.


ウィチタ水中ポンプは下水をポンプできる建設準備条件の要約



  したがって、あなたは&tはパニックする必要があります.上記の理由によって、迅速にトラブル処理を行うことができ、装置の過度の温度の根本的な原因を時間的に把握し、それを効果的に解決するための相対的措置を講じることができる.生産コスト、  使用に適しているポンプを必ず選択してください.  治療方法は、設置時の水ポンプの安定性を確保しようとするもので、水ポンプを設置してはいけない.  高効率スラリーポンプはつの特性を持つ.ウィチタ、   そして、圧縮したナットをパッキン腺に均等に締めることで、液を液滴から漏出させ、パッキン室外の温度上昇に注意を払う.   スラリポンプを始動させるときは、コンセントゲートバルブを閉鎖し、または / のスラリーポンプを始動させる前に、ポンプ入口弁を膨張させ、ポンプ出口バルブを閉じ、ポンプを始動させた後、ポンプを始動させた後、ポンプ出口バルブをゆっくり始動させる  圧力.したがって、圧力が必要条件を満たしているかどうかを監視するために、圧力計を設置する必要がある.

添付ファイルリスト


0

エントリの内容は参照用です。特定の問題(特に法律、医学などの分野)を解決する必要がある場合は、関連する分野の専門家に相談することをお勧めします。

シノニム

同義語なし